私に合った治し方を見つける〜背中ニキビの治療方法〜

病院での治療〜塗り薬・飲み薬〜

背中のニキビはなかなか治りにくいもの。炎症を起こしてしまっているニキビは、まず自然に治すのは難しいですね。何らかのケアをすることで背中ニキビは治ります。では背中ニキビはどのようにして治せば良いのでしょうか。

 

 

『病院での治療』
ニキビも一種の皮膚疾患です。そのため皮膚科で治療することができます。病院での治療方法で最もポピュラーなのが「塗り薬・飲み薬による治療」です。塗り薬として処方されるのは主に皮膚の再生の効能を持つビタミンが配合された薬になります。

 

飲み薬として処方されるものにはビタミン剤もありますが、主となるのは抗生物質です。抗生物質とは菌を排除する薬です。怪我をした時や菌によって病気になった時などに、菌の繁殖を抑え、排除するために抗生物質が処方されます。ニキビの原因となっているのも菌の仲間の一つであるアクネ菌というものです。そのアクネ菌を排除することでニキビが改善されていきます。

 

しかし、抗生物質も薬の一つです。そのため副作用を起こすこともあります。下痢や吐き気、皮膚の炎症などの症状を起こしてしまう人もいます。特に妊婦さんは抗生物質は禁止されているので背中ニキビが出来てしまっても使えません。

 

また、抗生物質によってアクネ菌が排除されても、原因が解明されていない限り、薬の服用を止めてしまうと再び背中ニキビができてしまうことがあります。薬で背中ニキビを治すというのには、即効性はありますが、再発する可能性が高いという事を知っておきましょう。