病院での治療〜レーザー治療〜

病院での治療〜レーザー治療〜

レーザーをニキビ部分に照射するという治療方法もあります。レーザー治療にもいくつか種類があるので見てみましょう

 

★「炭酸ガスレーザー・CO2レーザー」
化膿したニキビにレーザーを照射し、皮膚に小さな穴を開けます。その穴を通してレーザーが毛穴の奥に届き、ニキビのもととなっている膿や脂質を溶かして排出する方法です。

 

★「クリアタッチレーザー」
青色光と赤色光の2種類の光でアクネ菌自体を死滅させたり、皮脂腺にダメージを与えることで、ニキビを改善しさらにニキビの出来にくい肌をつくる方法です。

 

★「フラクショナルレーザー」
レーザーにより皮膚に小さな穴をあけ、その穴を治癒する力によってニキビをも改善するという方法です。ニキビだけでなく、肌自体が再生するため美肌効果も得ることができます。

 

レーザー治療にはいろいろな種類があります。どれも効果的な方法ではありますが、レーザーを用いるということは、すなわち「肌に熱を加える」ということです。そのため、火傷のような症状を起こしてしまうことがあります。皮膚の炎症によるかゆみや痛みのため、日常生活を送るのもツライということも起こりうると認識しておきましょう。

 

それでも重症化したニキビやニキビ跡にはレーザー治療は効果的なので、絶対にやってはいけないというものではありません。